令和3年度伊那市製造業における新産業技術の担い手育成・確保事業

AI 、 IoT 、 5G 、ロボットといった新産業技術は目覚ましい進歩を遂げており、地域のものづくり企業のビジネスモデル変革、生産性向上、働き方改革への利活用が期待されています。

伊那市が目指すスマート工業の実現には、そうした新産業技術の担い手の育成・確 保が大きな課題になっています。

そのため、企業内の人材を対象に、手を動かしつつ技術に触れる機会を創出し、今後の企業及び地域における当該人材の育成のきっかけとなる育成プログラムを実施することで、新産業技術の導入を牽引する人材の育成を目的として開催します。

今年度は、企業内IT人材の育成と併せて、経営者自らが「ITを経営の力として」活用するきっかけとして、経営者を対象とした研修講座も開講します。

また、地域事業者の小さな課題をテーマとした ハッカソン を地域内外のベンダー事業者や若年層等を対象に実施することで地域内外の IT 人材を地域に根付かせるきっかけとする目的として開催します。